安く契約できるスマートホン かくやすSIMで通信費を節約しよう 安くスマートホンを契約して使う

DOCOMO SOFTBANK AUUなど携帯キャリヤ3メーカーですが これ以外に訳す契約できるスマートホンの契約


今格安スマートホンの契約することができるサービスが始まっています
最近ではMVNOなど安い契約で使えるSIMが増えてお得に使えるSIMが有ります

主な携帯電話としてスマートホンを使う場合どうしたら良いのか

ではサービスを紹介

イオンのサービスは かなり安いです 

7月からのサービスは 

端末代金 16329円(税込み)+通信基本料金1458円(税込み)毎月2138円(税込み)が
かかります

通話料金は 30秒20円(税抜)

インターネットなどの通信スピード 3G回線のため
毎月のデータ転送量が1Gバイトまでは下り最大14Mビット/秒だが、1Gバイト分を使い切った後は上り下りとも128kビット/秒に制限される。また、「直近の72時間で転送量が120Mバイトを超えた場合も、通信速度を制限する場合がある
(イオンからのアナウンス)
通信量が1GBを超えた場合、通信速度が128Kbpsに制限されます。制限される期間は、当月末日までとなります。
イオン Q&A こちらから確認できます
都合良く書いているので 良く読んだほうがいいです
以外に制限が有り遅い 
通常 メール LINE ブラウジングを普通に使うには問題も無いと思うが
他社LTEなどをつかつていると いらいいらすると思う
特にYoutubeなどを良く見る方はキツイです 

2年縛りなどは無いので 解約後端末代金だけが残ります
特に違約金も発生しません

イオンのスマホ端末ですが 性能もマーマーですが
端末はDOCOMOのSIM 海外SIMが使えるSIMがフリーです
スマートホン端末を桑行く知りたい方は こちらを

契約は必ずクレジット決済が必要です 
イオン現金一括払いは
現金、WAON、各社クレジットカード(当社指定)
※イオンショップではクレジットカード払いのみとなります。

ケイ・オプティコム スマートホンサービス


mineo(マイネオ:au 4G LTEのMVNO)の「デュアルタイプ」+京セラのスマホ端末DIGNO M
 いずれもMVNOと呼ばれる回線の二次販売業者の契約と、独自に調達したスマートフォンを組み合わせて発売している。スマートフォン端末は、人気メーカーの最新モデルではなく、価格の安いモデルが多くなっている。
こちらのサービスは AUの回線を使用しています
速度もLTEで高速ですが
毎月1GBで 容量を超えると200kbpsになります

気になる価格ですが これが複雑です 詳しくはメーカーページ
サービスが色々と有りますが
端末代金+データ通信+音声通話 月額3590円(税抜)です
通話料金は 30秒 20円(税抜)
こちらのサービスは マイネオ ホームページはこちらです







コメント